The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓
カテゴリ:スポンサー広告 | テーマ: | ジャンル:
捕まえて本来の生息地に投げ込むってのはダメなのかな
2009-11-23 Mon 01:41

絶滅危惧種のオキナワキノボリトカゲ 九州で繁殖、悪影響もより

沖縄では生息数が減少し絶滅が危惧(きぐ)されているが、専門家は「九州在来トカゲ類の生態系に悪影響を及ぼす深刻な事態」と警鐘を鳴らす。

増えているのが本来の生息地ではないから当然と言えば当然でしょうね

 日本爬虫(はちゅう)両棲(りょうせい)類学会は8日の総会で、国や県に迅速で効果的な対応の実施や再発防止の徹底を求め要望書を決議した。

効果的な対応方法の提案はしたんだろうか、提案なしで要望書だけ出したんだろうか、もしも後者なら専門家のはずなのに丸投げかよってことで専門家の肩書きをさっさと外せと言いたいよね

#穿った見方なんだろうけど

 05年施行の外来生物法は、マングースなど海外起源の外来種で生態系や人命に被害を及ぼす恐れのある生物を特定外来生物に指定し運搬規制や防除を行うが、キノボリトカゲは在来種で防除対象にならない。

まあ外来種対応の法律だし在来種に対応するわけがないっていうのはわかります

在来種にも同様な法律が必要なのかもしれません

関連記事
別窓 | コメント:0
カテゴリ:ニュースネタ | テーマ:気になるニュース | ジャンル:ニュース
<<深海生物って色々と面白いよね | ReWiz's ブログ出張所 | ちうがくせいのもらるはどれくらい?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ReWiz's ブログ出張所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。