The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓
カテゴリ:スポンサー広告 | テーマ: | ジャンル:
コンテクストメニュー表示禁止ページについて(再び)
2008-03-30 Sun 01:29

前置き

過去に書いた

あたりをまとめてマジメな形で再構成してみようかと思います
まあ、右クリック禁止するのが好きな人の利用者に対しての挑戦を受けて立ってみたということなのかもしれません

コンテクストメニュー禁止について

コンテクストメニューを禁止することによってコピーが回避できるかどうかってのはコンテクストメニュー表示禁止ページについてで書いた通りです
また、ソースについては「ソースを表示」ってメニューにあったりするので無意味です
それをわかった上でそれをしている人はそれほど多くはないのではないかと僕は考えています
また、人によってはマウスジェスチャーのために右クリックが必要という人が居るということも多分考えてはいないでしょう
余談ですが、僕は右クリックから新しいウィンドウ(実際はタブですが)を開く動作をしがちなので禁止されていると結構困ります、まあ個人的な話ですがね
#ホイールボタンとかキー操作との組み合わせとかで回避できないことはないのですがメニューからすることも多々あるわけで

コンテクストメニュー禁止の回避について

FxやOperaなどを使用すれば簡単に回避でき、なおかつIE(多分IEコンポーネントブラウザも同様です)であってもユーザCSSを使用することによって回避できることが実証できました
ユーザCSSでコンテクストメニュー禁止を殺せるかを試してみるテストでは中身を書いただけですが今回はファイルをここに置いておきます、設定方法についてはこことかを参照してください
余談ですが、ユーザCSSでの回避方法で回避するのはコンテクストメニュー禁止のユーザCSSについての備忘録とかで書いた通りのイベントすべてのため右クリック禁止ではなくコンテクストメニューを別のものへ変更するようなサイトも回避します
したがって、そういうサイトを見るような場合は何とか調整するかあきらめて外すかそれともサイトの方のコンテクストメニューをあきらめるかいずれかを選択することになります
#今のところ僕の見ているサイトで問題がないのでそんなことを考える気は更々ありませんがね

コンテクストメニュー禁止回避用ユーザCSSについて

コンテクストメニュー禁止のユーザCSSについての備忘録とかにも書いている通りonmousedownイベントとoncontextmenuイベントの両方のイベントキャンセルを回避しています
この方法を応用することによりイベントキャンセルを回避できます
#なかには回避できないものもあるかもしれませんが
ただし、手抜きな実装のためアラートが出るようなパターンだとメッセージだけが回避できないことがあります
#ミスティーネット・JavaScript講座の右クリックを禁止するみたいなのは典型的です
#メッセージが出ますがコンテクストメニューも出ます(苦笑)
マジメに書くのなら、すべての要素について何とかするべきなのかもしれませんが、ある程度回避できればいいという判断によりこういう実装です

関連記事
別窓 | コメント:0
カテゴリ:Webページ | テーマ:ブラウザ | ジャンル:コンピュータ
<<それは優しさではないと思う | ReWiz's ブログ出張所 | ここんところのナイトリー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ReWiz's ブログ出張所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。