The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓
カテゴリ:スポンサー広告 | テーマ: | ジャンル:
Mozilla Party JP 7.0(2)
2006-04-30 Sun 14:00
行き当たりばったりに書いてあります
したがって、文章の体裁を整えるような事はしてません

その1(13:50まで)
プレゼンソフトはOpenOffice.org Impressっぽい
#OOoユーザー会が来るんだから当然か

アンケートについて
・アンケートの紙を貰ったんだけど、筆記用具持ってきてないや
・もじら組(x1)、Mozilla JAPAN(x1)

セッション
もじら組セッション
・History
・組織形態
・Mozilla JAPANへの移管
・Mozilla JAPANとの協業
Mozilla JAPANセッション
・ヨーロッパでのシェア拡大の理由
=>アンチMSやオープンソース好きなど
・Tbのダウンロード数は高いらしい
その2(14:00~15:30)
Firefoxと次世代のMozillaプラットフォーム
プロジェクターに出なかったり、出力されたはいいいけど止まってたり、なんか初っぱなから躓いてました
#プロジェクター出力で拍手が起きてしまう所がすばらしい
1.Fx開発時の強み
・ある程度完成されたGeckoを利用できた事
・AOLがブラウザ開発をやめると発表した事で情熱のある技術者が残った事
2.GoogleのWebアプリケーションはFx上で動く事が必須条件になっているらしい
3.Fxアンインストール理由
・一時的なアンインストール
・ある機能が機能してない(「ある機能」って何、プラグインとの競合?)
・Webページ表示がうまくいっていない(どこのページ?)
4.Fxマイナーリリース
・セキュリティ関連修正
・2週に1回ぐらいのリリース
5.Bon Echo
・基本的にはUI関連の変更
・RSSフィードの表示の仕方の変更
#関連づけ実行みたいなイメージにする予定?
#表示に使用するアプリケーション選択方式に?
・サーチボックス
#何を使ってるかの表示
#管理ツール
#表示幅の変更
・Google safe browsing
#Google経由で安全かどうかの確認
6.Fx3(or maybe 2.5?)
・Cairo
・Places
・パフォーマンス向上
・Webサービス向上
7.WhatWG
・ローカルに保存するデータの利用方法の向上
・WG
#Webアプリケーションからローカルにデータを落とすやり方
#Web=>ローカルは可能、ローカル=>Webは不可
#詳しくはhttp://whatwg.org/へ
#W3Cへの意見状
8.Cross-domain XMLHttpRequest
・Webアプリケーションのダウンロード元とは違うドメインへのアクセスをする方法などのディスカッションの件
9.XULRunner
・XULを走らせるためのプラットフォームうちの一つ
#Moz2chぐらいしか使った事がないなぁ
・極端な話をすればActiveXコントロール化してIE上で使う事も可能
・サンプルでマインスイーパかよ(苦笑)
・この分のプレゼンはXULRunnerで動いていたらしい
10.XUL
・コーディング自体はJavaScriptが一番簡単にできるようになっている
11.GoogleのFxへの関わり
・サイトへの掲載(取得の簡易化)
・Fxの開発要員の雇用
・マーケティング
12.Q&A
・ビルドコンフィグ
#共通部分だけ残しているつもり
・なぜGoogleが貢献してるのか
#ブラウザが複数ならWebアプリケーションも多様性が必要になるから、その分利益が上がる?
xx.そのた
どうでもいいけどコーディングの中身は全部はしょってくれてます
興味がある人間は得た知識を使って探ってて欲しいっていう形なのはいい事だと思います
その3(15:40~)
CD/USB Bootable OpenOffice.org
MLに流れていた内容とかとそんなに変わらないので省略

ScrapBook の紹介と今後のプラン
某所(前に書いてた某所とは別物)の仕事のネタによく似てるなぁ、と思ってみたり
ただそっちはVB .NETだけど
セッションの内容よりも関税で\8,400のネタの方が頭に残ってるってのもどうかと思うけどなぁ
まあ、それだけインパクトがあったってわけだけど

悪意ある拡張を作ってみた
Windowsに限った話をすれば、WININI.INIとかに適当な物を書き込んであげれば、色々と遊べそうだと思ってみたり
あとは、中でレジストリ登録して一定時間ごとに内部の情報をアップロードしたりとかできるかも
#後者は機能拡張をインストーラとして使うパターンですが
さて、セッションの内容としては、前回のセッションの中で何でもできるっていう内容がああってそれなら、「その何でもできる」を実践してみようって内容でした

その他諸々
今回持って行ったバッテリーは8セルバッテリー(x2)だったわけですが通信をしつつでだいたい一本半ぐらいの消費でした、これぐらいなら実用的でしょう(重さも含めて)
#ちなみに休憩時間も含めてつけっぱなしで、なおかつ常時接続状態にしていました
#公称の時間よりも持たないのは、PHSカードの指しっぱなし&通信状態、メモリの追加、公称で使っているのとは違う内部構成って所があるからだと思われます
Panasonicの新型ならどうなるのかがちょっと気になってみたりしますが、そもそもタッチパッドが使えなくなってしまった人間なので、気になるだけで購入までは行かないとは思っています
関連記事
別窓 | コメント:0
カテゴリ:Mozilla Party JP 7.0 | テーマ: | ジャンル:
<<Mozilla Party JP 7.0(3) | ReWiz's ブログ出張所 | Mozilla Party JP 7.0(1)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ReWiz's ブログ出張所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。