The link at the date of the calendar is an entry.
検証はまじめにやろうってことだろうなぁ
2010-11-29 Mon 18:11

「はやぶさ」にプログラムミス 後継開発に教訓反映へ

 探査機「はやぶさ」が2005年、小惑星「イトカワ」に着陸した際に岩石採取のための金属球を発射できなかったのは、地上から送ったコンピュータープログラムにミスがあったのが原因だったことが、29日までの宇宙航空研究開発機構の検証で分かった。

 はやぶさは結果としてイトカワの岩石の微粒子を持ち帰るのに成功したが、宇宙機構は14年度にも打ち上げる後継機「はやぶさ2」に教訓を反映させる方針。

 はやぶさは着陸と同時に金属球を発射して、砕いた岩石をカプセルに取り込む計画だった。着陸姿勢に入るとアンテナが横を向いて地球から指令を送れないため、着陸の2日前、指令なしで自律的に動くためのプログラムが送信された。

 だが、このプログラムには「着陸のために地表に水平な姿勢を取ったら、金属球の発射を止める安全装置を作動させる」という、誤った内容が含まれていた。

 安全装置は本来、機体に危険が及ぶ恐れがあるときに使うものだが、このミスにより作動してしまったため、着陸して発射の指令が出たのに球は発射されなかった。

if文の条件部を逆に書いたか、よくあることといえばよくあることなんだけど……

まあ、「なぜならなかったのか」ってのを検証して結果がのちに役に立てばそれでいいって考えもあるんだけどね

プログラマは凹むよなぁ

関連記事
別窓 | コメント:0
カテゴリ:ニュースネタ | テーマ:気になったニュース | ジャンル:ニュース
<<「ただし、ジャニーズを除く」なんだろ | ReWiz's ブログ出張所 | 狙いどころがちょっと微妙>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ReWiz's ブログ出張所 |