The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓
カテゴリ:スポンサー広告 | テーマ: | ジャンル:
普通に考えるときとは違うんだろうな
2010-11-16 Tue 07:17

めぐみさん拉致から33年 救出活動を「反朝鮮人騒動」と教える朝鮮学校に危機感(1/2)(2/2)

朝鮮学校の教科書は肉親の救出を訴える家族らの活動を「反朝鮮人騒動」と記述しているのだ。家族らはこのおかしさを“不問”にする基準を決めた政府を見極めようとしている。

日教組による反日教育も同程度にするつもりだから問題ないとでも思っているんじゃないですかね

「日本にあって、あの教科書内容で反日教育するのなら、日本が支援する必要はあるのかと思うんです」。めぐみさんの父、滋さん(78)は朝鮮学校無償化についてこう話す。

普通の考え方だと思うのですが、民主党政権としては尻尾を振ってケツを舐めたいので支援するわけです

「この内容を学ばされれば、日本で育つ純真な在日朝鮮人の子供たちが日本人を敵視してしまう。平和は生まれない」と語る。

この内容以外でも反日教育部分はあるわけで、自分らの情報以外で好意的ではない情報は全て捏造としたいという考えなんでしょう

なんかそこらへんはカルト宗教のような感じがしないでもありませんが

高木文科相は「全力で改善を促す」と約束したが、予断を許さない状況が続く。

口だけはただだからなぁ

たから、前なんとかさんとかが言ってみるだけ言ってみたりするわけなんですが……

関連記事
別窓 | コメント:0
カテゴリ:オコサマ | テーマ:気になるニュース | ジャンル:ニュース
<<そうか、旧暦だからか | ReWiz's ブログ出張所 | 国技は守ります>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ReWiz's ブログ出張所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。